きうまのふぉとらいふ

自由気ままな「ふぉとらいふ」を提供しています。Twitterをフォローしますと最新記事が通知されますのでぜひ!

押忍キャン◎ OSMO POCKET CAMP day4

f:id:kiumahb:20181231113149j:plain

12月29日

合宿四日目に訪れたのは島根県出雲市稲佐の浜

浜辺に巨大な岩が転がっている。
その岩をよく見ると、お社がある。

そして、本日が最終日となる。



f:id:kiumahb:20181231113142j:plain

吹雪の中で

この日、日本海側では降雪となった。

「寒さにだってあらがってみせる!」

と、きうま少年は生きこんでみたのだが。

海をよく見てみれば、こんな吹雪の中でサーフィンを楽しむ人がいた。

厚着をしていても30分も経たず震えてきたというのに、彼は海水に浸かって波乗りを楽しんでいる



f:id:kiumahb:20181231113144j:plain



いったいどんな神経をしているのだ。
いや、寒ささえも障害とならないほどの熱中と言うことか。

熱中は、苦を苦と思わない。
痛みを痛いと感じない。

波乗りを終えて戻ってきたサーファーはこう言った。

「ああ、寒むうぅ(鼻水)」

日が沈む。夕日が眩しい。



f:id:kiumahb:20181231113146j:plain

敗北を味わう

人生は波のように。

行っては戻り、戻っては行って。
進行と後退を繰り返しながら、手が届きそうかと思えば、遠のいていく。

案の定、最終日を迎えても動画をアップロードするまでに至らなかった。
その日に撮影し、その日に動画を編集してYouTubeにアップロードをすると言う計画は、初日から破綻している。



f:id:kiumahb:20181231113145j:plain



うまくいかないことばかり。
しかし、きうま少年は思った。

「うまくいかないなら、うまくいくまでやるまでだ」

敗北や屈辱がビールを旨くする。
それこそが人生の醍醐味。



f:id:kiumahb:20181231113143j:plain



静かに幕引きが始まるのをただ眺めるしかない中で、きうま少年の心は未だに熱く、冷めることはない。

「俺にはやらなければならないことがある」

きうま少年の瞳には、その先にあるものが確かに映っていた。
実家に戻り、あったかい風呂に浸かり、刺身を食べ、酒を飲む。

そうやって人は正月を迎えるものなのである。



きうま少年の来年はどうなる。

荒波の激闘編(完)



f:id:kiumahb:20181231113147j:plain