読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きうまのふぉとらいふ

自由気ままな「ふぉとらいふ」を提供しています。Twitterをフォローしますと最新記事が通知されますのでぜひ!

梅雨時の暮らし【その1】

じめじめしますねぇー。
どーも、きうまです。


島根県も気温が高くなり、一日の内に雨が降ったりやんだりしながらの基本曇り模様の日々でございます。

もう、なんだか空気が「もあ~」ってしますねぇ。



f:id:kiumahb:20160630135724j:plain
RX100M4
9mm f1.8 1/2000sec iso200



休日の昼になると今日は何食べようか考えはじめるわけですが、これが割と面倒くさい(笑)
外食・・・いや、そんな贅沢をする余裕はないぞ。
じゃあ、自炊だな。食材は冷蔵庫に何があって、棚に何があって、これを組み合わせてアレを作ろう。
と、頭の中でプランが決まったら作り始めると言うのがいつもの通りです。


だいたい出来上がる料理は微妙。

この原因は分かっていて、真面目に作れば良いのに、面倒臭いので適当にそして簡単にやろうとするからです。

そんなお粗末ランチですが、今日は中々の出来でしたので特別に公開しておきます。皆さん、メモの用意を。
冒頭でも触れましたが、梅雨時でじめじめしてるし暑いしと言うことを考慮してプランを決めました。

「冷製うどん キャベツを添えて」

f:id:kiumahb:20160630135725j:plain

添えてと言うより、思い切りうどんを埋め尽くすほど乗っかってますがね。えぇ。
粉ものでお馴染みですが、イカ天入りの天かすがキャベツと良く合うんですね。上はサクサク、つゆに浸っている所はグニャグニャです。
あと、ポイントとして七味唐辛子をかける所を粗びき胡椒をふりかけています。七味唐辛子がなかったんですね。
しょうがを入れてもいいなぁ。



f:id:kiumahb:20160630135721j:plain
RX100M4
9mm f1.8 1/1250sec iso200



作り方は簡単です。
まず、うどん用の粉末スープをいつもより水少なめにお湯で溶かします。
溶かした所で冷凍うどんを下に敷き、その上でスープをかき混ぜ冷やします。
冷凍うどんの解凍とスープを冷やすのが一石二鳥じゃないか、俺って天才だなと思いながら一向に冷えないスープを片手に、うどんを湯がくために鍋にお湯をわかします。
お湯が沸いたにも関わらず全く冷えないスープに焦りと怒りを感じながら冷凍庫にクーラーボックスに入れるようなでっかいブロック氷があったわ!と思い出し即座に敷物を交代して、うどんを鍋に入れます。



f:id:kiumahb:20160630135722j:plain
RX100M4
9mm f1.8 1/800sec iso200



ブロック氷の存在に早く気付けば良かったと思いつつもキャベツを刻みます。
うどんが湯がけたらざるに上げて水でしめてお皿に盛ります。
その上にキャベツを乗せ、キャベツが多すぎたことを気にしながらも天かすをふりかけ、最後に冷たいスープを入れて、胡椒を振って出来上がりです。


コツはスープをしっかり冷やすことです。
生半可なことでは冷えませんからね!いや、ほんとに!


よろしければ作ってみて下さい。



ご観覧ありがとうございました。
ほんならまただわ!



f:id:kiumahb:20160630135723j:plain
RX100M4
9mm f1.8 1/800sec iso200