きうまのふぉとらいふ

自由気ままな「ふぉとらいふ」を提供しています。Twitterをフォローしますと最新記事が通知されますのでぜひ!

夕焼け空のグラデーション

f:id:kiumahb:20180615014534j:plain

前回は、夜景や星景を撮ろうと外出したものの、あいにく薄雲に覆われていたのですが、その翌日となる今回は、雲のない晴天です。

再びα7IIIを使って、慣れない夜景撮りにチャレンジしていきます。

今日は夕暮れからの日没後の夜景撮りをしていこうかなあ~。



昨日の記事はこちらです。
kiumahb.hatenablog.com


昨日は結構寒かった

春となったものの、吹きさらしの中だったのもあり、昨日は寒くて鼻水垂らしながら撮影していたのを反省して、少し厚着で向かいました。

場所は昨日と同じところです。
変わり映えがなくて退屈かもしれませんが、お付き合い下さいませ。(笑)

夕焼け空のグラデーションな。

f:id:kiumahb:20180614050636j:plain
16mm f14 1/125sec iso400

オレンジからピンク、ブルーからパープルへ。
やはり、夕暮れの時間帯が長くなると、景色の移り変わりを楽しめて良いですね。

釣り人が竿を「ヒュッヒュッ」としゃくる音が聞こえてきます。
エギでイカ狙いなのか、ショアジグで青物狙いなのか。

僕も釣りをしにまた来ようかなと思いながら、不意に岩場で足をもっていかれて危うくこけそうになりました。

こけると言うより、段差のある岩場だったので転落かな?

一瞬、人生を振り返りそうになりました。

うん、先ずは磯靴を買ってからだな。



f:id:kiumahb:20180614050630j:plain
16mm f10 1/100sec iso640


広角ズーム

α7IIIを使い始めて、Vario-Tessar T* 16-35mm F4を持ち出す機会が増えました。

2年間くらい防湿庫にしまったままだったんじゃないかな。

いや、そーでもないか。

まあでも、どこかしら単焦点レンズを優先しがちで、持ち出す機会は確実に減りましたが

やっぱ超広角はええわあ...

使ってみればそれはそれで、特に単焦点にこだわることもないな。なんて思ったりするもんです。(笑)

α7IIIを使い始めたこともあり、最近の僕の画角トレンドは超広角あたりでして、そうなってくるとSigma 14mm Artだったり、Sigma 14-24mm Artだったりが魅力的に感じているところです。

と言っても、大金を使える状況ではないので購入することは当分(永久に?)難しいのですがね。



f:id:kiumahb:20180614050757j:plain
16mm f9 6sec iso200



日も沈み暗くなってきたころ、三脚を設置して夜景撮影のスタンバイを始めました。

端に車道を入れて、車のライトの光跡を撮ってみたり

夜間の長秒露出ならではの楽しみ方ですよね。



f:id:kiumahb:20180614050751j:plain
16mm f10 20sec iso250



しかし、銀河っぽくはならんなあ...。

何かコツがあったりするのか。

まあ、こんな感じに今回も自分のイメージ通りにいかなかったです。

でもいーんだ。

じっくり夕焼け空を眺められたし、遠回りってのも悪くない。

いや、近道しようにも、なぜかいつも遠回りばかりしている人生だけども。

善くも悪くも、思い通りには進まないと言うことですよね。

ならばせめて、楽しんで歩みたい。



それでは、また気が向いた時にでも夜景撮りにチャレンジしてみようと思います。

ご観覧ありがとうございました。
ほんならまただわ!



f:id:kiumahb:20180614050649j:plain
50mm f8 1/1600 iso100